関口 徹 のすべての投稿

ブログで稼げる副収入のお値段は!?

ブログでまずどうやって稼ぐのかという事が命題でもあるわけだが
基本的にはどの点に重点をおいて集客を試みるか?という点が重要であろう

まず何を題材にブログを書くのか?ということが大事である

いわゆるテーマというものだが

自身の得意とする分野が一番ベストであろう
そのうえで、以下に時事性を持たせた記事をどれだけの

振り幅=バリエーションを持ち定期的に更新してゆけるか?がポイントになる

これは容易なことではなく中々に難しい

かつ、そういった記事の更新を繰り返してゆくことでユニークユーザー数をまず稼がなければならないのだが

せっかくユニークユーザー数を稼いだところで、掲載している広告とのマッチングが悪ければ、これまた実収益・成果には繋がらないわけであるから
ブログによって稼ぐというのは以下に敷居が高いのか?という事がいえよう

しかしながら、このブログにより稼ぐというものは

仕事として請け負う場合にはまた別の稼ぎ方が想定される

その方法とは

自身でアフィリエイトを行うのではなく、この記事更新そのものの物量・更新記事数に対して、1記事あたり単価¥***というような形でライターとしての稼ぎ方というのもまた存在する

このばあには原則的にアフィリエイト収益というところを考える必要がなくなるので、更新記事数こそが肝となってくるわけだ

とはいえ、好き勝手に記事を書けばよいというようなものでもない
依頼主はその依頼し更新される記事によりユニークユーザーを集めたい目的があるわけである
よって目的とずれた記事更新をされても何のメリットも無い

というわけで

依頼主側からの依頼テーマというものが設けられているので、そのテーマに沿った記事を書かなければならない

それはそれでまた難しいところでもあるわけで

これがいわゆるブログライターとしての仕事であったりもするわけだ

というように中々難儀でもありそうなこのライター的お仕事で得られる相場だが

1記事あたりの単価は数十円から数百円の幅で、週や日毎で更新記事数ノルマが定められていることが殆ど

これは通常更新をまるっきり依頼される形のものとなる

それとは別に、本格的なものとなると

期間契約の形で金額が決まっていたりすることもあり

これはいわゆる著名人であったりがライター的な形で、専属ブロガーなどの形により依頼された題材を元に自身の見識なども用いて記事を書くというスタイルものだ

この場合には報酬というよりは、表現的はギャラといった言い回しのほうがピンとくる表現かもしれない

なので、執筆者それぞれのネームバリューであったりバックボーンが金額にフィードバックされるケースも多く

当然ながら、時節的に旬の著名人ともなれば高額であるし

そうでなかったとしても一般的な内職系ブログライターよりは数段も値段が高額である事は間違いない

このあたりは各々に金額の振り幅が大きすぎて明確的なことを言えない状況もあるので幾らか?という点については特に触れないが、先ほども申し上げたように素人やセミプロ的なかれらのそれよりは高額とだけは名言しておこう

そこで皆さんのような一般的なブログライターの内職で得られる一月の額といえば?だが
多い人間で数万円から10万円程度、普通は数千円程度というのが現実的なラインとなる

文章を書くことが好きな人間にとっては苦痛なく楽しみながらお小遣い稼ぎが出来るわけで、この上ない副業となりえるが、そうでない人間がムリをして金の欲目のためにてを出すと大変な苦しみを伴うため(いわゆる産みの苦しみ的なもの 笑)まったくお勧めしない

在宅で得る事が出来る副収入の金額

具体的な金額が明記されているようなお仕事というのもあまり無いのですが
体験談の中で語られている場合もあり、印象としては通常アルバイトを1ヶ月した程度の方からサラリーマンの月収以上を稼ぐ方までという振り幅があります

これについては、お仕事の内容によっても、報酬定義によってもまるっきり結果が違ってきてしまうので値段だけを見ず、広い視野で考えるべきところですね

当然ながら報酬の大きいものとなると出来高制の点は拭えないが、ノルマなどが設けられているものというのも逆にごく一部で、のるまが儲けられているようなものほど比較的高収入につながりにくい傾向にあるような感もある

ここで勘違いが出てきてしまいそうなのが、完全歩合制となる言葉だが
完全歩合の場合には、成果の報酬となる為、ここでいう出来高なる表現の「やった分だけ」というものとは異なる

この出来高報酬の場合は、単価幾らと定められているものを、上限が決まっている中ではあるものの、やった分についての報酬を貰うタイプのものであるので

単価×出来高=報酬 となり

頑張り次第で報酬額に変動もあるため、人によって同じ仕事・作業内容でも報酬額に差が見られるのが特徴

数万円から銃数万円まで幅広い

プラス、これに成果報酬も絡むような仕事であれば更に報酬は跳ね上がり、在宅の内職であるにも関わらず月収運十万円などという事もあるらしい

ほかに稼げる在宅内職といえば、専門知識や特異なスキルを生かす・発揮して収入を得るものがある

ウェブ製作関連やなどがそれで、これには特別な技術が必要なため、その分作業単価なり企業側からの発注単価は少々高めになる傾向にある

とはいえ、同じウェブ関連でもデータ入力などの仕事の場合には、単純作業に値するような簡単なものが主流なので単価は低め

という様なところがざっとの感覚だが、全般的には昨今の在宅内職の報酬事情は上昇の傾向にあるといえるのが実情だといえるであろう事が見えてくる

選ぶ種類によっても報酬額にはちがいがあることからも、仕事選びについては各々の能力や特異なものの見極めと自覚を持って仕事選びをしたいところである

メールを送るだけの副業とは!?

メールを送るだけの副業があってたまるか!

という声が聞こえてきそうだが

こちらでも散々紹介しているように、単純説明にはなるが確かに「メールを送るだけ」の仕事というのがあるらしい

実際には送るだけというよりは、文章も掲載せねばならないので

執筆的なライティング(タイピング)力が必要にはなる

日ごろからブログなどを更新している方であればこの点問題なのかもしれない

相手の存在するお仕事だからある程度の文章力は必要だという事だ

と、ここまで説明すると敷居が高そうだが

実のところ、その敷居はとても低い

メールといっても返信するだけの事だし

長文のものが必要とされるわけではない

それに稼動するにあたって必要なものといえばパソコンでなくとも、携帯やすまほがあればじゅうぶんという例もある

改めて何かを用意した要るする手間もかからないし

今日からやりたいと思えば誰でもすぐに始められることもまた特徴的だ

ほかに必要なものがあるとすればネット環境くらいのもので

携帯/モバイル端末を所持していればそれはもれなくセットでしょじしている環境だろう

だからこそあとは本人のやる気次第というわけである

このほかには、ライティング系のものとしてブログの記事作成のようなものもあるが

これには長文力が必要なので少々難関だ

とはいえ、コレもやはりメールで納品するタイプのものであれば

スマホでもできてしまう

よってこれもまたメールを送るだけとは一応言えるものである

しかもこれらの利点としては、時間のあるときに場所を選ばずさくっとできてしまう手軽さがメリットだろう

ざっと紹介しただけでもこれらの単純作業で請け負え、頑張り次第でそこそこの稼ぎを打ち出せる副業というものが多数存在するのが、現在の副業事情である

まずはそういった簡単メール副業とでも言うべきお仕事をネット検索などから見つけた人気の副業ランキングなどから物色してみることをオススメする

この手の、ある意味でありそうでなかった一風変わった?副業は、一般求人サイトにはさほど多く出回っていない

個人に在宅環境で直接仕事出しすることで求人コストを抑えるためだ

是非一度チャレンジしてみて頂きたいお得な副業であるとしておこう

高額内職を有効活用する方法

高額収入を手にいれらる内職の活用によって

今ある収入や貯金の倍増を狙えるということはあまり知られていません

そもそもが、内職で高額収入を得られると考えている方が多くないということもありますから仕方の無いことなのかもしれませんが

内職は稼げないとという価値観はもういまや古く、一昔前の価値観だとお考え頂いて間違いはないかと思います

種類としても様々なものがあり

ライフスタイル/生活スタイルに合わせて、自分にあっているものを選ぶことも容易です

こういった高額内職を有効活用することで、更なるプライベートの充実を図る方が増えてきてます

それでは実際にどのように有効活用すれば良いのでしょうか?

とても簡単です

空いた時間にさくっと済ませられるものを選び

最小時間で最大の利益・収入を得ましょう

それが可能なものを選ぶのがポイントです

時間制約のあるものや、ノルマ制のみのものでは是は難しいです

また、何かを作成するようなものについては短い時間で完結することは不可能なのでスルーします

その様に消去法で削ってゆくと、結果残るのが

「空いた時間にさくっと済ませられる」という性質の高額内職となります

これらの多くはインターネット環境、それもモバイルの環境

簡単にいえばスマホ/スマートホンがあれば問題なく従事できるものばかりです

場合によってはメールが出来れば問題ないので、特別にインターネット云々は関係なくなる場合もありますが

そこまで絞ってしまうと数が減っていしまうので

最低限インターネット接続環境だけは確保しておきましょう

とはいっても、モバイル端末においてのインターネット環境で十分なので

パケ放題などに加入していてという状況であれば何ら問題は無いのかと思います

wifiや4GLTEのほかクロッシーなどの高速回線契約を別途されている方などは、尚の事まったくもって問題無しです

このような状況さえ整っていれば、高額内職を始められる準備は整っています

あとはご自分にあった種類の内職を選べばOKです。

高額内職にどんなものがあるのか?については別記事に詳しく書きました
そちらも併せてお読み下さい

スマホで副業を始める女性が急増中

スマホが普及してかれこれ久しいですが

この一年ほどでもうほぼほぼスマホも広く一般普及下のではないでしょうか?

やはり最後の最後でしたが

ドコモのアイフォン市場参入がスマホ周知と利用浸透の締めくくりだったようにも思います

とはいえアンドロイドユーザーも沢山いいらっしゃるわけですが

ちなみに

どこだったか?ちょっと忘れてしまいましたが

有名なリサーチ会社の調査結果によると

ここ日本においては、iPhoneの販売されている国々の中で唯一iPhone利用者のほうが多いという結果も出ているようです

大幅にと言うわけではないものの、数パーセントでも多ければ
利用人口数で換算すると相当な人数の差があるかとは思われます

詳しく知りたい方は検索してみて下さい

色々な国の状況と合わせて詳しいリサーチ結果が閲覧できるはずです

そんなスマートホンですが

男性と女性の利用の仕方にも顕著な違いが見られるらしく

それについてのリサーチもありました

どんな違いかというと

一番の違いですね

男性はゲームとメール

女性はメールやSNSなどのコミュニケーション

といった具合で

メールは同じですが、そのほかの点については主な活用方法に男女差があるようです

この点だけを見ると

女性のほうがスマホの利用については男性よりもより依存度高く利用している感が見受けられます

ゲームについては移動中利用が多いらしいですし

メールについては単純連絡利用が多い

というのが男性の利用方法らしく

それに比べ

女性の場合は

メールやSNSについてはコミュニケーション手段としての活用であるという事からもわかるように

時場所問わず何時でも利用するような状態にあり
ひとたびやり取りが始まれば…というような感じのようです

1日の合計利用時間数についての統計でも女性の方が利用時間も長いとのリサーチ結果もありました

その様な点から、女性にとってはテレビや雑誌・週刊誌にも代わる情報収集ツールとしての側面もあるのでしょうか?

そんな彼女達はパソコンを利用しないという方が多いそうで

物件情報や求人情報など、かつてであればネットで探すことはあまりなかった情報も主にスマホで探したりする様です

様々な条件を入れて検索しているうちに、手軽に出来る副業の中でもスマホで出来るものが沢山あることに気づいたのでしょうか?

口コミや評判をこれまたSNSなど様々なネット情報から手に入れ

そしてどんどんと広まっていったというのが実情のようですね

いつの時代も女性の口込み力には脱帽ですが

とくにここ最近はスマホで副業をされる方が増えているようですね

ポイントサイトなどのお小遣い稼ぎで「実は殆ど稼げない」というような体験をされきた方々が「わかり易く稼げるお仕事」として「手軽で簡単にも出来る」スマホで出来てしまう副業を選んでいるとのことですね

確かにこれは理にかなっているように思います

OLさんであれ主婦であれ学生であれ暇な方はあまりいらっしゃらないと思いますし

その合間に出来る?と考えればスマホで出来たらかなり効率的です

それに気づいた女性も凄いですが

それを実現させてしまえるだけの機能を開発したAppleやGoogleはやっぱり凄いですね

日本企業がその分野で台登できるわけがないわけですね。。。

短時間でも出来るお金を貯める方法

貯めたり稼いだりにとって時短は最大のテーマではないでしょうか

いかに時間を使わずに(時短によって)最大限の収益を上げるか?
企業であれ個人であれこれは最大のテーマ

個人であればなおのこと重要な点となるのは誰しもが想像に足る事実

そんな中、個人ベースで是を実現するにはいったいどんな事が現実的に?を考えてみました

まずは時間を削減することとして最重要項目であり誰しもがすぐに思いつくこと

それは

通勤時間の短縮

かといって稼ぐためにいちいち引越しをしていたのでは埒があきません

交通手段において最短のルートを考察すること

これら自体もまた無駄な時間の蓄積に

当然ですがこの場合、時間のほかに交通費というプラスコストも

とはいえ

交通費に関しては各所勤め先で支給があるはずなので

特別に制限のある会社でもなければ全額支給により個人負担などということは無いかと思います

そこで着目となるのが

やはり通勤時間そのもの

これをザックリバッサリと削減してしまいましょう

厳密には削減する方向でお仕事を選ぶということです

単純明快ですが在宅ワークなど自宅で出来るお仕事というものを模索する方向へ頭を切り替えます

もっと言ってしまえば

いつでもどこでもお仕事が可能であるものを選ぶ

これが最大の時短でしょう

そしてついてでを申し上げれば

簡単に出来るもの、免許や資格なども必要としないものを選ぶ

これが最大の時短につながる手段です

お仕事そのもについては時間をいかようにも削るというのは本末転倒ですから

それにまつわる点を削るのが最大の目標です

そして更なる欲をいえば、効率です

短い時間で可能な限り最大の稼ぎを引き出す(引き出せる)ようなお仕事をするという事です

そうなると、そんなお仕事はあるのか?ですが

無ければここでこのような解説はしていないわけで

キーポイントは上記に挙げた

在宅系で高リターンの期待できるお仕事

そしてこれに必要なものはネット環境を利用できること

パソコンが無くとも問題はありません、スマホや携帯さえあればというものが山ほどありますのでご安心を

さて、そんな実際にあるお仕事や求人についてですが

それらについては詳しく解説している別記事がございますので

そちらをご参考にしていただき、素晴らしき時短貯蓄ライフをお送り下さい

金儲けをしている女性がやっている副業とは!?

この場合、副業というよりは副収入をえるべくして行っている内職といえるのかもしれない

儲ける方法には当然ながら色々と様々なスタイルが存在するはずだが

働くというよりは、アイディア勝負な点を持ち合わせているものが多いのかもしれない

ほかには簡単で低額な投資で儲けようというスタイルのものも存在しているようだ

先ごろ話題のビットコインなどもそんなもののひつかもしれないが

結果から見ればというか、みなくともか?少々リスキーな点が多かったのもこのビットコインについてはいえるところかもしれない

FXや株についても同じような点が否めない

もっと低額かつ気軽に試せるものがあればといたところなのだろうか?

そんななか、ふと目にしたものとしてあるのが競馬でというものがあるようだ

競馬については100円から馬券購入できるところは知る人も多いことだろう

これを低額投資的な観点から着実にお小遣い稼ぎとして取り組んでみようというものがあり

これを投資競馬と呼ぶらしい

この投資競馬、いわゆる万馬券というものをねらう博打スタイルではなく

しっかりとコンピューターなどによるデータ分析を元に算出された予想から低額投資で馬券を購入するというものらしく

競馬におけるビッグデータを解析することにより弾き出す予想ということもあって
精度のたかさが売りのようだ

で、そんなコンピューターとかデータなんて一般の女性が持っているわけも無く

じゃどーしているのか?といえば

そういった予想を行っている専門業者というものがあるらしく

そちらで予想を公開している

しかもしれを利用するのには登録料はかからない

予想についても無料予想というものがあるためこれもまた無料で試せる

これを活用して日々競馬稼いでいるという女性がいるわけだから

云十年も競馬をやっているおじさんたちからすれば驚きだろう

重賞くらいしかやったことの無い私だが、そういったサービスのサイトを見る限り

これなら自分で考えるより手っ取り早く稼げるではないか。。。 と少々落胆したほどだ
各サービス提供を行っているサイトには的中実績(当たった実績)というものが掲載されており

それらを参考にサービス選びをすると良いのかもしれない

競馬のわからない女性や主婦でも稼げている理由としては、そんなわからない方でも一通りの面倒は見てくれるような点もあるようなので

それで女性の利用者も気軽にチャレンジできている環境とのことだ

ただし、当然ながら怪しいものも存在することは否定できないので

利用の際には、評価の高い人気サービスなどの利用を選ぶことと同時に

裏情報で儲けられるなどの話には注意したほうが良さそうだ

あくまでもデータに徹底した予想を行っているものを利用し、住所や電話番号の登録を要求されるようなサービスも必ず避けよう

人気で優良とされているものについてはメールアドレスのみで登録できるもの(Gmailなどのフリーアドレスでも利用できるものなど)が基本だ

スマホで出来る安全な副業に注目が集まる

そんな仕事あるの?
そもそもスマホで副業ってどんなこと?

というわけだが・・・

スマホといえばもはや周知の事実であるが、それは小さなパソコンともいえる

それで何が出来るかといえば

いってみれば何でも出来てしまうわけで

当然電話機でもあるからして、パソコンであり電話

しかも携帯だからポケットにいれてどこでも持ち歩けるし

更に云えば、どこにいても大体のどんな状況でも操作が可能

なんといっても、最近ではCMでも展開されているように

これは従来の携帯=ガラケーの頃からでもあるが

いわゆる「ながら」ってやつだ

世間一般の声を借りるのであれば

「ながらスマホ」というわけで

どこにいても操作可能なのがメリット

そしてそのパソコンでもある端末は

当然ネットにもつながる

いまや、やろうと思えばエクセルのデータ入力も画像編集も動画・映像編集もお茶の子さいさい

そんなスマホであるわけだから

それを使って行えるお仕事が存在しても何も疑う余地もなく、おかしな話でもないわけだ

そこで

実際に求人情報をGoogleやYahooで探してみると沢山あるわけだが

どれもこれも、単純作業の仕事内容な上に
元手の用意の必要も資格を取らなければならないなどのハードルもなく敷居は低い

ニュースで取上げられそうな危険なものばかりかと想像もしていたが
どうやらそういったものではないらしい

そんなこともあってか、いまや様々な情報サイトや雑誌でもスマホでも出来るお仕事として沢山のものが注目され紹介されている

注目の集まる理由としては、やはり女性向けのものが多いところだろうか

それとその性別を於いておいたとしても、単純で気軽に誰でも出来てしまえそうなものも多く、賃金についても比較的高めである

高給の触れ込みに釣られ、やたらなブラック企業に転職を決めてしまうよりはよっぽど良いという点もあるのかもしれない

登録制のものも多く、当然ながら「どんなお仕事なのか?」についてはよく見て決めるべきだが

登録したからといって何か料金がかかるわけでもなく、まずは登録してみて見定めてみるというのも悪くは無い方法だろう

昔あったような登録制のバイトのような感覚で気軽に始めて見れるというところにも敷居の低さがあり注目されている理由のようだ

内職の求人が増えている理由

昨今の経済情勢としての状況は勿論の事ながら
やはり個人経済に関してもそのいわゆる不況と呼ばれる事情は同じわけです

個人経済事情といえばそれを一般には家庭の経済事情
つまりは家計を意味することが多いのかもしれません

独身既婚問わずその点は一括りに家計と呼ばせて頂きますが…

その家計について

やはり既存の収入、つまりは一般的には給与収入のみによって成り立っているかと思われます

その給与収入が減らずともなかなか上向かない
端的にいえば昇給が望めない無い様な事情が多くあるのが昨今の情勢ではないでしょうか?

そこで、一般家庭、一般的な暮らしを送っている方々のとる行動は?といえば
パートやアルバイトなどの更なる労働付加により収入を更に手に入れる手段

それらの方策に転じるのが一般的でしょう

パートやアルバイトといえば働きに出るというのが一般的
その場合に、主な職をお持ちの方

主たる勤め先や職業に従事している方は
これら本職に従事し、退勤後にまた別の職場へ向かい~ という形もあれば
単にアルバイトやパートの掛け持ちをする方々
こういったスタイルが多いのかもしれません

掛け持ちをする方法については主たる職業のほかに副収益をという考え方というよりは
単に職を掛け持ちしているといったところとなるでしょう

この場合は今回の題材となる内職/副業としての点とは少々離れるので省きます

もう一方のほう

主たる職業とは別に別の職などにおいて吹く収益を得る
この形についてが副業という考えに値するのか?と考えます

この副業については、通常の会社勤めの場合であれば禁止されていることが殆どです
理由などについては、ここで細かくは触れませんが
殆どの方がそういった点はご理解されている通り、周知の事実であるといえるのではないでしょうか?

しかし

そこはやはり生活を考えれば背に腹は変えられぬというところが正直な心情でしょう
その様な考えをお持ちの方々が冒頭に述べた「不況」という昨今の社会情勢の影響により増えているのです

そこで、様々な理由を考えれば

更なる収入源として働きに出るよりも効率的な家での内職

こちらに目が向けられるのはごく自然な現象

そういった点から、内職で稼ぐということが是まで以前に比べ増えた要因と考えられているのが主な理由ですね

結果、この流れによる現状から簡単な見解を示せば
ある意味で、これは需要と供給のバランスから見ても求人が増えるのは当然で

雇い入れる際のコストを抑えながらも働き手の数を確保することを目的とした場合には
求人側も内職を希望する人員を確保することが理にかなっており

働き手側の考えとバランスが取れるわけです
その事により、現在もまだまだこれら内職の求人が増えているといったところでしょう