月別アーカイブ: 2014年5月

ブログで稼げる副収入のお値段は!?

ブログでまずどうやって稼ぐのかという事が命題でもあるわけだが
基本的にはどの点に重点をおいて集客を試みるか?という点が重要であろう

まず何を題材にブログを書くのか?ということが大事である

いわゆるテーマというものだが

自身の得意とする分野が一番ベストであろう
そのうえで、以下に時事性を持たせた記事をどれだけの

振り幅=バリエーションを持ち定期的に更新してゆけるか?がポイントになる

これは容易なことではなく中々に難しい

かつ、そういった記事の更新を繰り返してゆくことでユニークユーザー数をまず稼がなければならないのだが

せっかくユニークユーザー数を稼いだところで、掲載している広告とのマッチングが悪ければ、これまた実収益・成果には繋がらないわけであるから
ブログによって稼ぐというのは以下に敷居が高いのか?という事がいえよう

しかしながら、このブログにより稼ぐというものは

仕事として請け負う場合にはまた別の稼ぎ方が想定される

その方法とは

自身でアフィリエイトを行うのではなく、この記事更新そのものの物量・更新記事数に対して、1記事あたり単価¥***というような形でライターとしての稼ぎ方というのもまた存在する

このばあには原則的にアフィリエイト収益というところを考える必要がなくなるので、更新記事数こそが肝となってくるわけだ

とはいえ、好き勝手に記事を書けばよいというようなものでもない
依頼主はその依頼し更新される記事によりユニークユーザーを集めたい目的があるわけである
よって目的とずれた記事更新をされても何のメリットも無い

というわけで

依頼主側からの依頼テーマというものが設けられているので、そのテーマに沿った記事を書かなければならない

それはそれでまた難しいところでもあるわけで

これがいわゆるブログライターとしての仕事であったりもするわけだ

というように中々難儀でもありそうなこのライター的お仕事で得られる相場だが

1記事あたりの単価は数十円から数百円の幅で、週や日毎で更新記事数ノルマが定められていることが殆ど

これは通常更新をまるっきり依頼される形のものとなる

それとは別に、本格的なものとなると

期間契約の形で金額が決まっていたりすることもあり

これはいわゆる著名人であったりがライター的な形で、専属ブロガーなどの形により依頼された題材を元に自身の見識なども用いて記事を書くというスタイルものだ

この場合には報酬というよりは、表現的はギャラといった言い回しのほうがピンとくる表現かもしれない

なので、執筆者それぞれのネームバリューであったりバックボーンが金額にフィードバックされるケースも多く

当然ながら、時節的に旬の著名人ともなれば高額であるし

そうでなかったとしても一般的な内職系ブログライターよりは数段も値段が高額である事は間違いない

このあたりは各々に金額の振り幅が大きすぎて明確的なことを言えない状況もあるので幾らか?という点については特に触れないが、先ほども申し上げたように素人やセミプロ的なかれらのそれよりは高額とだけは名言しておこう

そこで皆さんのような一般的なブログライターの内職で得られる一月の額といえば?だが
多い人間で数万円から10万円程度、普通は数千円程度というのが現実的なラインとなる

文章を書くことが好きな人間にとっては苦痛なく楽しみながらお小遣い稼ぎが出来るわけで、この上ない副業となりえるが、そうでない人間がムリをして金の欲目のためにてを出すと大変な苦しみを伴うため(いわゆる産みの苦しみ的なもの 笑)まったくお勧めしない

在宅で得る事が出来る副収入の金額

具体的な金額が明記されているようなお仕事というのもあまり無いのですが
体験談の中で語られている場合もあり、印象としては通常アルバイトを1ヶ月した程度の方からサラリーマンの月収以上を稼ぐ方までという振り幅があります

これについては、お仕事の内容によっても、報酬定義によってもまるっきり結果が違ってきてしまうので値段だけを見ず、広い視野で考えるべきところですね

当然ながら報酬の大きいものとなると出来高制の点は拭えないが、ノルマなどが設けられているものというのも逆にごく一部で、のるまが儲けられているようなものほど比較的高収入につながりにくい傾向にあるような感もある

ここで勘違いが出てきてしまいそうなのが、完全歩合制となる言葉だが
完全歩合の場合には、成果の報酬となる為、ここでいう出来高なる表現の「やった分だけ」というものとは異なる

この出来高報酬の場合は、単価幾らと定められているものを、上限が決まっている中ではあるものの、やった分についての報酬を貰うタイプのものであるので

単価×出来高=報酬 となり

頑張り次第で報酬額に変動もあるため、人によって同じ仕事・作業内容でも報酬額に差が見られるのが特徴

数万円から銃数万円まで幅広い

プラス、これに成果報酬も絡むような仕事であれば更に報酬は跳ね上がり、在宅の内職であるにも関わらず月収運十万円などという事もあるらしい

ほかに稼げる在宅内職といえば、専門知識や特異なスキルを生かす・発揮して収入を得るものがある

ウェブ製作関連やなどがそれで、これには特別な技術が必要なため、その分作業単価なり企業側からの発注単価は少々高めになる傾向にある

とはいえ、同じウェブ関連でもデータ入力などの仕事の場合には、単純作業に値するような簡単なものが主流なので単価は低め

という様なところがざっとの感覚だが、全般的には昨今の在宅内職の報酬事情は上昇の傾向にあるといえるのが実情だといえるであろう事が見えてくる

選ぶ種類によっても報酬額にはちがいがあることからも、仕事選びについては各々の能力や特異なものの見極めと自覚を持って仕事選びをしたいところである